SponsoredLink

おせち料理の意味と込められた願い

おせち料理をわざわざ家庭で手作りしてる人って、本当に少なくなったのではないでしょうか?年末はそうじゃなくてもいろいろと忙しいし、働く女性も増えました。それに加えて手の込んだ御節料理を準備するのは、正直骨の折れることですからね。


それにありがたいことに、最近ではお節料理もデパートや料亭からあれこれと販売されていて、自分がやらなくたって簡単に御節料理を手にすることができます。日本の伝統料理であるおせち料理でありながら、洋風や中華風といったおせち料理も登場しているみたいですね。子供達はそっちのお節料理の方が、確かに好きそうですね。


でも自分の記憶の中には、年末の慌しい中で、台所でおせち料理の準備をしている母や祖母の姿があります。煮物のにおいがふんわりと漂って、重箱を埋めていく数々のお節料理を見ているのは、何だかとてもワクワクしたものです。


今の子供達のうちどれ位が、そんなおせち料理にまつわる記憶を持つことが出来るんでしょうね。お正月には御節料理を食べるということは知っていても、御節料理のもつ意味合いまで知っている子供は、きっと少ないような気がします。


日本のお正月の伝統料理であるおせち料理。おせち料理は神様へ供える料理が由来で、一年を健康にそして幸せに過ごせますようにという願いが込められているそうです。忙しいが口癖とも言える現代での生活、そんな中でも本当に大切なことはちゃんと子供達に伝えていけるといいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5904006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック