SponsoredLink

おせち料理って?

おせち料理、日本人なら誰しも一度は口にしたことがあるのでは?日本のお正月には絶対に欠かせない料理の定番、それがおせち料理ですよね。「正月と言えばおせち料理」とは誰しも思いつくところですが、では実際のおせち料理の由来は何でしょう?


おせち料理の「おせち」、これは「御節」「お節」と漢字では書き、節会(せちえ)・御節供(おせつく)の略なんだそうです。御節料理のルーツは遠く平安時代まで遡り、節目や神へ供える料理全般を御節料理と呼んでいました。御節料理が今のようなおせち料理の形になったのは、江戸時代頃からだそうです。


お節料理には、家庭の一年の健康と幸せを祈願するという意味があります。だからなのでしょうか?!おせち料理には、肉、魚、野菜など様々な海の幸・山の幸がふんだんに取り入れられ、とてもバランスの取れた料理になっています。毎日がおせち料理だったら、めちゃくちゃ健康になっちゃう…のかも??(笑)


また御節料理の意味合いとしてよく言われるのが、保存食としての役割ですね。お正月というのは神様をお迎えするので、煮炊きするのを昔は慎んでいたんです。今ではどちらかというと、神様のためでなく世の女性を休ませるため?!といったお節料理の保存食としての意味合いが強いですね。


毎年お正月が来たら、当たり前のように口にしていたおせち料理。でも、やはり伝統的なものって奥が深いんだなーと、ちょっぴり感心しちゃいました。次のお正月には、今までとは少し違った目線で、御節料理を見ることが出来るかも?!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5903970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック